ヴァージンオイルの特徴と効果

ヴァージンオイルの特徴と効果

 不飽和脂肪酸であるオレイン酸を多く含むオリーブオイルは、美容と健康に良い影響を与えると言われています。オリーブオイルは古くから地中海地方で日常的に使用されてきた食用油ですが、健康志向の高まった現在では、日本でも多く用いられるようになっています。

 

 オリーブオイルはオリーブの果肉から抽出されますが、精製を行わず直接果肉から抽出された油分がヴァージンオイルと呼ばれるものです。ヴァージンオイルは酸度によって3つのグレードに分けられており、最も酸度の低いエクストラヴァージンオイルが香りが良く高品質だとされています。

 

 エクストラヴァージンオイルは、ビタミンEや抗酸化作用のあるオレオカンタールを含み、活性酸素を抑える効果があることでも知られています。そのため、日常的にエクストラヴァージンオイルを摂取することで、血中のコレステロールを下げる効果や、動脈硬化などを予防する効果があると言われています。また、関節リウマチや便秘の解消にも効果的だとされていますから、食生活に上手く取り入れることで健康促進効果が期待できるでしょう。

 

 

 エクストラヴァージンオイルを料理に使用する際は、できるだけ熱を加えずに摂取することが大切です。サラダドレッシングに使用したり、パンにつけて食べたりするなど、味と香りを楽しみながら摂取できる工夫をしましょう。

 

 また、オリーブオイルは美肌や美髪効果があることでも知られています。オリーブオイルには汚れを落とす効果があるため、メイクのクレンジングやシャンプー前の頭皮クレンジングに適しています。保湿効果もあるので、肌の乾燥が気になる人にもおすすめです。ヴァージンオイルを配合したクレンジングや石鹸、化粧品なども多く市販されていますから、肌質や肌の状態に合わせてスキンケアなどに取り入れてみてはいかがでしょうか。


スポンサード リンク



飲むメリットと注意 ダイエット効果 オススメオリーブオイル 健康効果 オリーブオイル石鹸 太らないオリーブオイル