便秘に効くオリーブオイルのとりかた

便秘に効くオリーブオイルのとりかた


 オリーブオイルは、オリーブの実を加熱せずに搾り油分を分離させたもので搾ったままのオイルを、バージンオイルと呼ばれています。

 

 また酸度が0.8%以下の「エキストラバージンオイル」が健康効果が1番高いと言われており、抗酸化作用が高いので、悪玉コレステロールを減らし、脂肪を燃焼させる効果があります。それ以外にも、オリーブオイルの様々な効能や効果が科学的に立証されて、便秘にも効果があると検証されました。

 

 オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は酸化しにくいので、他の油脂と比較するとリノール酸が12倍、リノレン酸の25倍もとれます。このオレイン酸が、小腸では吸収されないために潤滑油として腸壁を滑らかにして、腸を刺激するので便のすべりがよくなる効果があり、便秘に効くと言われる理由です。

 

 オリーブオイル自体は熱にも強いのですが、一番効果的な摂取方法としては、直接飲むことが一番効果が高いと言われています。具体的には、朝に大さじ1杯あるいは、夜に大さじ1杯など様々な説があるものの、こまめに取ることが大切なようです。

 

 また、直接飲むことに抵抗がある人は、直接料理にかけて摂取することも良いでしょう。たとえば、オリーブオイルを納豆にかけると、匂いや粘りが抑えられますし、塩辛では、塩辛さや匂い、苦味なども抑えられ、生の白身魚やマグロにかけてカルパッチョとして食べると生魚の臭みや匂いが抑えられます。


スポンサード リンク



飲むメリットと注意 ダイエット効果 オススメオリーブオイル 健康効果 オリーブオイル石鹸 太らないオリーブオイル